披露宴の入場~キャンドルサービス

menu

披露宴の入場~キャンドルサービス

式そのものが始まる前段階で、かなりの準備が必要になりますが当日は本当にあっという間です。披露宴の流れを何回かあらかじめシュミレーションしておくと、当日のあわただしさの中でも余裕を少し感じることができるので、少しでも心に余裕を持つためには入念な準備が特に必要になります。

流れ

1.招待客の着席
招待ゲストは披露宴会場に入場したら、受付で渡された席次表に従って着席します。この席次、誰がどこに座るか?!というのは誰を招待するのか。という招待客の選定とともに、新郎新婦にとっての悩みのひとつになります。これが面倒だから・・と嫌がって、結婚披露宴そのものをしない人もいます。
2.新郎新婦入場
全員が着席してから、司会者の「新郎新婦の入場です。」の言葉で、新郎新婦が披露宴会場に入場します。媒酌人(仲人)を立てた場合には媒酌人に伴われて入場します。
媒酌人を立てていない場合には新郎新婦だけ、もしくは介添えを伴って入場します。この時に、BGMとしてウェディング・マーチが流されます。最近はウェディング・マーチよりも、新郎新婦が選曲した好みの曲を使っての入場することが多くなっています。招待客は拍手で新郎新婦を迎えます。
3.開宴の挨拶
新郎新婦が高砂(会場正面に設けられるメインテーブル)に着席して、会場が静まってから、司会者が簡単な自己紹介をしたあとに、開宴の挨拶を述べます。
4.新郎新婦の紹介
媒酌人を立てた場合には、媒酌人が結婚式の無事終了を報告してから、新郎新婦の略歴や家族。2人の馴初めなどを紹介して、招待客に新郎新婦の今後これからの支援と指導を願います。媒酌人を立てない場合には、司会者が行います。
5.主賓の祝辞
主賓が来賓を代表して祝辞を述べます。新郎側と新婦側から、それぞれ1人ずつ祝辞を述べることもあります。新郎新婦はこのときには起立して挨拶を受けますが、主賓が挨拶の冒頭で着席を勧めることが多くなっています。
6.乾杯
あらかじめ列席者のグラスに注がれたシャンパンなどを持って、一同が起立します。乾杯の音頭は主賓の次席か年長者がとりますが、まず簡単な挨拶をしてから「乾杯」と発声てし、一同で「乾杯」と唱和します。グラスを空けたら即座にグラスを置いて、すぐに拍手をするのが日本でのマナーになっています。
7.ウェディングケーキ入刀(これは食事の途中などになったり披露宴の後半など様々)
新郎と新婦が、ウェディングケーキに入刀します。この際も、司会者は「カメラをお持ちの方は前にお進みになって撮影してください」といった言葉で勧めますが、カメラ付き携帯電話をもって大勢殺到することもあるのであまり殺到しないように、かといって誰もいかないのは寂しいので様子を見ながら撮影に望みます。このときに入刀するウェディングケーキは、現在ではきちんと食べられる生ケーキを使うことが多くなっています。そしてケーキの入場を盛り上げたり、最後のデコレーションを余興のひとつとして行ったり、また入刀した後にその場で新郎がカットしたりしてゲストに振る舞うことも多くなっています。ファースト・バイトと呼ばれている、新郎新婦がお互いにケーキを食べさせ合うイベントもよく行われています。
8.食事の開始とお色直し
イベントが一段落してら、新郎新婦はお色直しをするために一旦退場します。ゲストは食事をとりながら、歓談を楽しみます。ちなみにお色直しが始まったのは、室町時代からと言われています。お色直しを行っていた当時は、結婚式の当日に男女とも白装束を付けて潔斎(けっさい:身も心も清める)をしていました。そして式から3日後に前もって贈り合っていた色物に着替えてから、両親に対面しています。やがて江戸時代になると、着替えをすることは式の当日に行われるようになって、現在にもそのお色直しが続いています。本来の目的からするとお色直しは1回でいいのですが、現在は2回ぐらいすることもごくよく見られる形式です。
白無垢の打掛から純白のウェディングドレス、またカラードレスへと着替えることもあれば、純白のウェディングドレスから色打掛、カラードレスへ着替えることもあります。新郎も新婦のお色直しに合わせて着替えをしますが、あくまでもメインは新婦のお色直しなので、新婦だけが先に退場して数十分経ってから新郎の退場するケースも多くみられます。
9.祝電の披露
お色直しのために新郎新婦が退出している間に、祝電が披露されます。今では昔とは違って通信手段が発達していることあり、レタックスや電子メールでもメッセージは送れますが、結婚披露宴のお祝いメッセージには相変わらず電報が多くつかわれています。
祝電には、押し花電報や刺繍電報、ぬいぐるみが付いたキャラクター電報や、本格的な美術小物が付いたうるし電報、七宝焼き電報など、といった様々な種類の電報があります。ここで紹介される電報は、政治家や新郎新婦の職場の社長といった、重要な人物からの祝電やオリジナルな文面のもの、そして特に新郎新婦と親しい友人で遠方に住んでいてどうしても披露宴へ来られない友人などからの電報が中心に披露されます。
10.キャンドルサービスまたはキャンドルリレー
新郎新婦がお色直しをして再入場する際に、そのままキャンドルサービスが行われることが多くなっています。このキャンドルサービスは、4世紀半ばの教会で行なわれたキャンドルミサに由来していて、キャンドルの光は「世の光」を表しています。日本でキャンドサービスを披露宴に最初に取り入れたのは、カメヤマローソクを使った日本閣だといわれています。結婚披露宴のキャンドルサービスの時には、各テーブルに置かれたキャンドルに新郎新婦が火を灯して、最後にメインテーブルや専用キャンドル台にセットされたウェディングキャンドルに火を灯すイベントになっています。
友人達が自分達のテーブルにあるキャンドルの灯心にだけ水を含ませて、なかなか簡単に着火しないようにする悪戯がされる事もあったり、キャンドルの芯の部分を埋めていたりする悪戯もお約束です。最近ではキャンドルサービスに代わって、招待客も参加してキャンドルの灯火をリレーするスタイルのキャンドルリレーが行われることが多くなっています。<
×