仏前挙式と人前挙式

menu

仏前挙式と人前挙式

仏前での挙式に参列したことはあまりないかもしれませんが、最近は京都の有名仏閣での仏前挙式の人気が高くなっています。そのため結婚式を執り行ってくれるお寺さんも増えているので、この仏閣で挙式したいと思う場合はお寺さんに問い合わせをしてみましょう。京都の歴史ある世界遺産や重要文化財に指定されている仏閣での挙式も一生の思い出になる挙式になるでしょう。

仏前挙式

明治25年に浄土真宗本願寺派の藤井宣正が東京白蓮社会堂で結婚式を挙げたことが仏前での挙式の始まりで、それから各宗派で仏前結婚式が普及されていきました。

宗派によって挙式の進行の仕方は異なりますが、式の中心になるのは【念珠授受】です。仏前挙式は、仏教の教えに基づいてご先祖様と仏様の前で2人が出会えたことに感謝して結婚の報告をします。そして来世での契りを誓う挙式スタイルになっています。【念珠授受】が結婚指輪交換にあたるものですが、指輪交換をしたい場合には事前にお寺に相談すると良いでしょう。

教会式と仏前式での結婚式では大きく違う点があります。それは、新郎新婦が結婚を【誓う】のが教会式で、仏前式では結婚することを【仏と先祖に報告】という形で行われること点です。

基本の考え方が、結婚にいたったことは「因縁」お互いの縁と考えるので、「縁」を親と親族まで含めた先祖に感謝することでお互いの縁を大切にする心を持ち続けようという考えで結婚式を執り行います。

仏前での結婚式の衣装は、一般的に新郎は羽織袴で新婦は白無垢になっています。しかし、洋装のウェディングドレスで執り行われることも珍しくはありません。基本的に衣装は寺院に事前に相談するか自分で手配することが多いようです。

仏前挙式の流れ

  • 住職と参列者一同が入堂します。(両親⇒親族⇒参列者)
  • 着席後に、媒酌人に付き添われた新郎新婦が入堂。
  • 僧侶が仏前に向かって、二人の結婚を報告。
  • 僧侶がふたりの加護を願う啓白文を朗読。
  • 結婚式の中心は「念珠授与」で、結婚指輪交換にあたるものになります。 新郎は白い房のついた数珠を授かり、新婦は赤い房のついた数珠を僧侶から授かります。
  • 念珠を手にかけるのは、左手のみで手を合わせる。右手には通さずに手を合わせる。式が終わるまで、念珠は外しません。
  • 新郎⇒新婦の順で焼香。(左手に念珠をかけ、右手で焼香して合掌)
  • 誓杯 ひとつの杯を新郎⇒新婦
  • 誓杯 親族固めの杯を交わす
  • 住職から終生仏教徒として守るべき事柄について諭しを受ける。
  • 親族一同で先祖に感謝。両家の繁栄と息災を祈念。
  • 僧侶⇒新郎新婦⇒媒酌人⇒両親⇒親族の順で退堂。

人前挙式

自由な発想で挙式ができると人気が高いのが、人前式(じんぜんしき)です。人前式での挙式の場合は、教会や神前や仏前の結婚式のように神仏に結婚を誓うのではありません。

参列してもっている、両親・親戚・友人・知人といった列席者全員の前で結婚を誓って承認してもらう挙式スタイルになっています。

人前式(じんぜんしき)と神前式(しんぜんしき)と混同しないように【ひとまえしき】ともよんでいます。特に信仰している宗教がないならば、ごく自然な挙式ともいえる結婚式です。

日本の伝統に一番近い結婚式ともいえるのが人前式です。昭和初期までの一般的な結婚式の場合、仲人に手を引かれて花嫁が花婿の家へ入りました。そして両家の親族が見守る中で、三々九度を執り行って結婚を認めて祝うというのが一般的な結婚式です。親戚や知人からの「祝言」の言葉と、「家婚式」などと呼ばれるスタイルが、 現在の人前式のルーツとも言われています。

注意点として、参列者の中には【人前式】がどのような挙式なのか。という理解が足りない部分があります。招待状を発送するときに、どうして人前式を選んだのかというものを書き添えたり、式が始まる前に司会者の方から人前式を選んだ理由などを説明してもらうことで、参列する方にも理解してもらいましょう。

自由な発想で挙式をすることが出来るので、演出も自由自在にアレンジすることができます。自由に出来る分結婚式として厳粛さにかけてしまうこともあるので、メリハリのある進行を進めるように計画するほうがよいでしょう。そして、列席者からの心からの祝福と賛同を得られるような進行に留意しましょう。

人前式の流れ

  • すべての参列者が着席しているところに、新郎新婦の入場。
  • 開始期宣言。司会者から人前式の開式を告げます。その時に人前式の趣旨を参列者に説明。
  • 新郎新婦紹介。(司会者からの紹介でも、新婦が新郎の司会など)
  • 誓約 新郎と新婦が参列者の前で誓いの言葉を読みます。それぞれが誓いを述べてもいいですし、両親へ誓いを読むというのもいいでしょう。
  • 婚姻届署名と捺印 参列者の前で婚姻届に署名と捺印。そしてその場で立会人が証人欄に署名と捺印をします。
  • 婚姻届披露 司会者が参列者の前で婚姻届を披露。結婚成立を宣言
  • 指輪交換 相手の薬指に指輪をはめます。新郎⇒新婦の順
  • 乾杯 参列者全員で乾杯
  • お礼 参列者に向けて新郎新婦からお礼を述べる。
  • 閉式
×