挙式のスタイル

menu

挙式のスタイル

日取りが決まったら、挙式のスタイルも決めなくてはいけません。ふたりの人生の出発点になる挙式になるので一番最適な挙式スタイルを決めましょう。

日本人は独自の宗教観というものがあるので、結婚式は【キリスト教】か【神前挙式】にして、お葬式は仏式ですることに抵抗があまりありませんが、結婚相手とその家庭に強い宗教観がある場合には、相手の宗教に合わせたもの。宗教観がでるものが嫌な場合には【人前結婚式】を選ぶのが良いでしょう。

キリスト教式結婚式

キリスト教式の結婚式は、挙式の半数以上を占める人気のある挙式スタイルになっています。

ブライダル専門の式場やホテルにあるウェディングチャペルで結婚式を行う人がほとんどになっています。その場合にはカトリックやプロテスタントといった特に宗派関係なく、あくまでもキリスト教のような結婚式になっているので、結婚式用の建物になっているので希望すればキリスト教式の結婚式をすることができます。

キリスト教徒が通う街にある教会で挙式をしたいと思った場合には、神を礼拝するために建てられていて結婚式用の建物ではないということを理解しておく必要があります。

毎週日曜日に礼拝が行われている教会で、そこの教会に通っている信徒でもなく「ここの教会で自分たちの結婚式をしたい」と思った場合には、事前に教会に結婚式を執り行ってもらえるかどうか。という点を確認しておく必要があります。

そして結婚式をするにあたって、事前に司祭や専門家の結婚講和の受講などが必要になる場合があります。そして離婚歴がある場合には、挙式を断られるケースもあることもあります。

クリスマスや復活祭(イースター)などは教会側が挙式を受け付けていないのがほとんどになっています。親族の控え室なども、教会は結婚式場とは違うので控え室などは当たり前ということを理解したうえで問い合わせを行うと良いでしょう。

結婚式の流れ

  • 参列者入場
  • 新郎入場
  • 新婦がエスコートする者(通常は実父)と共に入場
  • 中央通路(バージンロード)を進み⇒エスコート者から新婦を新郎に引き渡す
  • 聖歌、聖書の朗読、祈祷
  • 神の前での誓約⇒祝福
  • 結婚誓約書への署名、婚姻簿への記入、指輪の交換⇒結婚宣言
  • 賛美歌・祈祷
  • 新郎・新婦退場

神前挙式

神前式は、祖先の神々に結婚を報告するという神道の教えに基づいて執り行われる挙式スタイルです。キリスト教式の挙式と同じく、神前での挙式もホテルやブライダル専門の式場に設けられた神殿で行われることがほとんどです。近年では、自分たちの住み慣れた街の神社で挙式を希望するカップルが増えています。一般的にはキリスト教挙式に参列する場合とは違って「親族の全ての家と家として結びつく」という考え方になっているため、親族のみが参列するこは出来ませんが最近は友人も参列できる会場が増えてきています。

神前結婚式の場合は基本的に衣装は和装になっていますが、平服やウェディングドレスでも挙式することは出来ます。和装でもかつらを被らずに洋髪で挙式するケースも増えてきています。自分たちがどのような服で望みたいのか事前に担当者に相談すると良いでしょう。

「神前結婚式」が一般に広がったのは歴史は明治33年です。当時の皇太子(後の大正天皇)と九條節子妃のご成婚の儀が、初めて宮中賢所大前で執り行われました。

国民の間でも同じような結婚式を挙げたいという気運が高まり、現在の東京大神宮(当時の神宮奉賛会)が皇室の婚礼の儀を参考にして「神前結婚式」の様式を定めました。そして皇太子のご成婚の翌年明治34年3月3日に模擬結婚式を開催して一気に普及していきました。現在の【神前式】として執り行われている神前結婚式は、この神宮奉賛会が創設したものが元になっています。

神前式の流れ

  • 巫女の先導で入場。入場の順番は(新郎新婦⇒媒酌人⇒新郎両親⇒新婦両親⇒新郎親族⇒新婦親族⇒最後に斎主入場)
  • 典儀と呼ばれる司会進行役(巫女が行う場合も)が式の始まりを宣言
  • 斎主の拝礼に合わせ一堂が起立して神前に礼
  • 祓を行うため、斎主が幣を用いて穢れを祓う⇒ 一堂は起立した状態で軽く頭を下げて、これを受ける
  • 斎主が神前で二人の結婚を、神社に鎮座する神と氏神、そして祖先神に報告する祝詞を奏上して、神の加護を願う
  • 一堂起立して、頭を下げる
  • 三三九度の杯を交わす。
  • 一の杯…新郎が杯を受ける⇒新婦⇒新郎
  • 二の杯…新婦が杯を受ける⇒新郎⇒新婦
  • 三の杯…新郎が杯を受ける⇒新婦⇒新郎
  • 新郎新婦が神前に進み出て誓いの言葉を読み上げる(新郎が本文を読み、自分あの名前の部分は新郎と新婦が揃って読む)
  • 玉串を神前に捧げて「二拝二柏手一拝」の順で拝礼。この時に席に下がるときはお互いに背を向けないように内回りで体の向きを変える。
  • 媒酌人、親族代表が玉串を捧げて、両家が親族となった誓いを交わす
  • 両家の親族、新郎新婦、媒酌人が杯を戴く
  • 斎主が式を無事終わらせたことを神に報告して、一拝。一堂は起立して拝礼。
  • 斎主がお祝いの挨拶をし、一堂で拝礼
  • 斎主が退場した後に⇒新郎新婦⇒媒酌人⇒親族の順に退場
×